Life is Beautiful

主に進化生物学の理論のブログです。不定期更新予定。

抜歯んぐ

今日、歯並びの悪かったところを抜歯した。

口内麻酔を行なってウガイをしたけど、

先生がドでかいペンチを持ってきたときはもう、

総入れ歯を覚悟した。

えらく時間がかかった。10分くらいギコギコされた。

無事とれたとき、美人歯科衛生士さんに
「時間が少しかかってしまいましたが、立派な歯が抜けましたよー。ご覧になりますか?」
と言われた時
なんとなく妊婦さんの気持ちが解った。

さて、なんて名前を付けよう…

…しかし、可愛いベイビーとは決定的に違ったのは…


抜けた歯のサイズは2センチ。長いわ。もっとコンパクトにならんかい。
出血による赤色。血は仕方ないけど、あまりにグロいわ。

総評:
かわいくねぇ。



歯科衛生士さんに「こちらで処分しておきましょうか?」と言われたので、
即答で「お願いします」


あー。せいせいしたわ。

まぁそんなこんなで僕の抜歯はなんとかうまくいったんやけど、
ふと、友達の逸話を思い出した。
今後、その子の名前をNMBとしましょう。
それにしても、難波48ってのがあるんやね。それとは関係ないです。まぁその所以も、いずれまた。

NMBには弟がいる。
おそらく、5つくらい離れているだろうか。

NMBが5年生で、弟が1年生か幼稚園児のころ。
乳歯がグラグラしていたらしい。
痛がる弟をかわいそうに思った優しいお姉さん、NMB
弟の替りに抜いてあげることにした。

[[Material and Methods]]

彼女はまず、指が弟の口に入らないことを確認した。

つぎに彼女は、どこからか釣り糸を用意し、適度な長さに切った。

さらに彼女は、それを弟の乳歯に結びつけた。

最後に彼女は、もう片方の末端を、























ラジコンカーに結びつけて、走らせた。


…いったい、どんな音がして、どんな抜け方をしたのだろう。
僕には想像もつかないが
見事、抜けたらしい。
弟さんはさぞかし泣き叫び
ご両親はさぞかしビックリされた事やろな。


僕がその弟ならきっと、

ラジコンカーとおなじスピードで走る努力をし

ラジコンカーと同じスピードで走る努力を弟にされた姉の立場ならきっと、








ラジコンカーをむちゃくちゃに操作して、追跡不可能走行を強行したと思う。







とにもかくにも、僕は今日からしばらくは口内が不自由のようである。