読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is Beautiful

主に進化生物学の理論のブログです。不定期更新予定。

飲酒

フランスといえばワインです。不法ながら、道端で飲んでいる人もいます。ビンをかついで。だいたいそういう人は目がうつろなのですが。

今日は、Odysseumという、モンペリエで最も大きいショッピングセンターに自転車で行きました。
だいたい、ゲストハウスから23分くらいのところなのですが、フランスは一方通行のルールとか自転車のルールも日本よりは比較的きびしく、たまに戸惑います。日本の自転車ルールが気まま過ぎるだけ、というのは否めませんが。
で、結局何も買わずに帰ってきました。

その帰り道、スーパーでワインの選別をしていました。せっかくアクセプトもらえたし、ワインを飲んでもバチはあたらんやろ、と。
で、結局ひよった僕はシードルというワインではないお酒を買ってしまったわけなのですが。

そのスーパーは、コメディーという、モンペリエでおそらく最も開けた広場にありまして。
そして、フランスには犬を連れた物乞いが異常に多く、広場には多くの物乞いがたむろしていて、スーパーの店の前は一際すごいことになっています。

で、僕がスーパーで会計を済ませて出てきたところで、ガードマンが、とある男性を店からつまみ出しました。
どうもその男性、お酒を飲みながら店に入ろうとした模様。おそらく、、、物乞いでした。

それがやや強引な追い出し方だったせいでしょうか。周りの物乞いの若者(彼らも酔っていました)が、ガードマンにつっかかります。
ガードマンは仲間を呼びます。若者も増えます。その若者は、7,8匹の大きな犬を連れています。どうも険悪な雰囲気に…。まわりには人だかりができます。

そしていきなり火花が散りました。若者がガードマンに突進したようです。
ワンコたちがいっせいに吠え掛かりました。それはそれはすごいものでした。。っていうかもう僕の中では映画「ベートーヴェン」の一幕としか思えない懐かしい光景でした。

しかしまあガードマンはソル・キャンベルばりのフィジカルを持っていそうな方でしたので、若者はあっけなくつまみ出されます。

で、終わったか…
と思ったら、ガードマンが出てきました。なんか噴射させています!消火器!?
若者も、犬も、そのまわりの物乞いたちも、消火器で泡だらけに!

あわわわわわわ。。。

と思ったら、なんと消火器ではなくスパークリング・ワインでした。
さすが本場フランス。ワインは最大限の活用のしかたがあるのですね。

今日も自転車に乗りながら悶々と考えてしまったのですが、
とにかく、「自分で自分を責めることで赦されようとする」ような陶酔状態にはならないようにしようと思っています。