Life is Beautiful

主に進化生物学の理論のブログです。不定期更新予定。

誕生日には、お母さんに「ありがとう」を

僕はあまり、自分の誕生日を祝われることに興味がありません。祝ってもらえると嬉しい反面、むず痒さだったりする気持ちがあるからなのですが、一番大きな理由は、僕が一番に祝われるべき日ではないから、ということです。

 

21のころに出会った、とあるお婆さんがいます。彼女は、僕が夏休みに臨海実験場で宿泊していた施設の、「シルバーさん」でした。僕は、自分の誕生日を臨海実験場で迎えようとしていました。

 

その前日、たまたま彼女はぼくの誕生日が翌日であることを知り、ケーキや、特別なご馳走で祝って下さいました。そして、手作りの、貝殻でできたキーホルダーも、下さいました。

 

彼女は僕の手を握りながら、言いました。

 

「あなたの誕生日をあなた自身が祝うのはもちろん大事なことだし、こうして祝えて、私は嬉しい。でも来年からは、あなたの誕生日には、お母さんに御礼を言ってあげて。お腹を痛めて産んだお母さんに、メールでも電話でも、できるなら直接、産んでくれてありがとうって。あなたの誕生日は、お母さんにとって、最も大切な日なのだから」

 

この言葉に僕は心を動かされて、翌年から自身の誕生日にまったく興味がなくなりました。とても単純な性格です。もちろん、祝ってくれた友達も、たくさんいます。とっても感謝しています。

 

でもぼくは、そんな彼らにも、「ありがとう。嬉しいです。今日は僕の日ではなく、母の日やと思う」と伝えるようにしてきました。

 

誕生日を実家で迎えられなくなって、十年近く経ちました。それでも、毎年母にメールを送り続けています。

 

そのときの母の返事からも僕は、僕が生まれてきて誰かを幸せな気持ちにできたことを、実感できるのです。

 

今日もまた、このブログを読んでいるどなたかの誕生日かも知れません。あなた自身を含む、たくさんの方々にとって、素敵な一日にであることを、願っています。